チャンス到来

 いいチャンスが来たというか、これを機に切り替えてもいい頃なのかもしれない。短いセンテンスで語ることをやめる良いチャンスが来た。どうも自分は長くダラダラと独り言を言うタチで、下書きなしで一発エイというこの長年続けてきたパターンが妙に合っている。そんな気がする。もう少し現実の時間を丁寧に過ごしたり、思考の整理や自分の中で言葉に向き合ったり勉強したりする時間も必要なのではないかとか思いながらも数年、無意味に流れに身を任せるよりもボチボチやっていくのがいいのかもしれないなという気持ちが決意に変わったというか。それもいいのかもしれない。本読んだり音楽聴いたり、残された時間はどんどん少なくなっていくのだからボチボチと自分の速度でいこうか。

【追記】何故そんな風に考えたのかといえば別に悪意のあることを言われたわけでもされたわけでもなく、日曜日に4時間、月曜日に2時間ただ何をするでもなく海を見ていたらこれでいいんじゃないかななんて思ったわけで。そんな事言いつつ、また突然呟いたりしちゃうかもしれないけれど。
スポンサーサイト