2016年3月の読書メーター

 なんやかんやであっという間に3月が過ぎました。日一日と春を感じると共にワンワンの遊べ遊べのおねだりが加速し、十分すぎるほど体力でも物忘れでも中年を実感するワテクシとしては、このワンワンの元気についていくのがやっと。明るくなるのが早くなったら、「ボフ!」という声に起こされるのも早くなり、重くなったワンワンを抱っこすれば近頃は腱鞘炎?もしくは四十肩?あー、もう!そんなワケで、唯一の楽しみとなった読書も3月はボロボロ。お願いだ、本読ませてくれーい。といいつつ、ワンワンの可愛さにメロメロ(←親バカ)

 死刑執行人サンソン、苦手な新書でありつつフツーに小説のように読みやすく、内容も「おお、そうだったのか!」の連続で非常に面白かった。ますますフランス革命を深く知りたくなる。オススメ。

2016年3月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:494ページ
ナイス数:17ナイス

死刑執行人サンソン ―国王ルイ十六世の首を刎ねた男 (集英社新書)死刑執行人サンソン ―国王ルイ十六世の首を刎ねた男 (集英社新書)感想
ベルばらブームからの流れで。ベルばらの中ではルイ16世の死刑の瞬間はわずか何コマでしかなかったが、それを行ったサンソンの苦悩と人生がこんなにも重いものだったとは。王党派でありながら国王を処刑した彼の苦しみは想像を絶するものだった。ギロチンの発明は人道的なものだったのに大量に実行できるようになったというのも皮肉なもの。死刑執行人が世襲制である事を驚いたと共に人々からは差別され、国王を処刑した後は神に救いを求め、逃れられない運命であるにも関わらず、最期まで死刑廃止を望むというサンソンが非常に魅力的でした。
読了日:3月28日 著者:安達正勝
ベルサイユのばら その謎と真実 単行本ベルサイユのばら その謎と真実 単行本
読了日:3月2日 著者:

読書メーター
スポンサーサイト