スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014「Daryl's House Presents:

2014.10.31「Daryl's House Presents: "Hall-oween and Oates」Setlist
1.Maneater
2.Out of Touch
3.Did It in a Minute
4.Say It Isn't So
5.One on One
6.Adult Education
7.Back Together Again
8.Las Vegas Turnaround (The Stewardess Song)
9.She's Gone
10.Sara Smile
11.Do What You Want, Be What You Are
12.I Can't Go for That (No Can Do)
>Encore:
13.Rich Girl
14.You Make My Dreams
>Encore 2:
15.Kiss on My List
16.Private Eyes

 これ、ブログ始めたら、書き残しておこうと思ってた昨年2014年10月31日のヤフーライブ、ホール&オーツのセットリスト。当日は24時間好きな時に見る事が出来たので、3回も楽しんでしまった。ファンとしては最高のHall-oweenでした。
 4曲目の"Say It Isn't So"のこの日のアレンジが素晴らしく、あれ?この曲ってばこんなにいい曲だったっけ?と、良さを再確認、そしてその流れからくる5曲目の"One on One"のスィートネス!良かったなー!そして3回見たうちの3回共、涙を流しながら喜んで楽しんだのは、大好きなファーストセカンドアルバム『アバンダンド・ランチョネット』(言いにくいよね)からの8曲目"Las Vegas Turnaround (The Stewardess Song)" からキタコレ!9曲目の"She's Gone"がとにかく文句なしに素晴らしかった。私の10月を支えてくれた曲だ。あんなヘンテコなPVなのに、どうしてこんなにも涙が出るほど好きなんだろうね。涙腺の堤防決壊曲。会場の恐らく同世代の元ボーイズ&ガールズも泣いたり笑ったり一緒に歌ったりと狂喜乱舞だったし、会場に居合わせたわけじゃないのに楽しかったなあ。自分にとって、ホール&オーツをこの上なく愛しいものと感じたライブでした。もうここ20年位、ライブというものに足を運ばなくても大丈夫な人になってしまっているのだけれど、この人達と吉田美奈子様だけはこの目で見、耳で聴いてから死ねれば本望。

 今、Amazonで『アバンダンド・ランチョネット』を検索したら、なんとなんとタイムリー。3月にLimited Editionの紙ジャケ出るみたい。持ってるけど欲しいなあ。昨年4枚組BOX買ったくせにやっぱり全アルバム揃えちゃおうかなとかね。あの5枚セットの安いのでもいいや。全部揃えたい衝動に駆られている。引越しに伴い、本当に墓まで持っていきたいものしか残さない!と言って、あれだけのCD処分したばかりなのにね。
BGM:Hall & Oates『The Best of Times~GREATEST HITS』
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。