2016年03月

2016年3月の読書メーター

 なんやかんやであっという間に3月が過ぎました。日一日と春を感じると共にワンワンの遊べ遊べのおねだりが加速し、十分すぎるほど体力でも物忘れでも中年を実感するワテクシとしては、このワンワンの元気についていくのがやっと。明るくなるのが早くなったら、「ボフ!」という声に起こされるのも早くなり、重くなったワンワンを抱っこすれば近頃は腱鞘炎?もしくは四十肩?あー、もう!そんなワケで、唯一の楽しみとなった読書も3月はボロボロ。お願いだ、本読ませてくれーい。といいつつ、ワンワンの可愛さにメロメロ(←親バカ)

 死刑執行人サンソン、苦手な新書でありつつフツーに小説のように読みやすく、内容も「おお、そうだったのか!」の連続で非常に面白かった。ますますフランス革命を深く知りたくなる。オススメ。

2016年3月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:494ページ
ナイス数:17ナイス

死刑執行人サンソン ―国王ルイ十六世の首を刎ねた男 (集英社新書)死刑執行人サンソン ―国王ルイ十六世の首を刎ねた男 (集英社新書)感想
ベルばらブームからの流れで。ベルばらの中ではルイ16世の死刑の瞬間はわずか何コマでしかなかったが、それを行ったサンソンの苦悩と人生がこんなにも重いものだったとは。王党派でありながら国王を処刑した彼の苦しみは想像を絶するものだった。ギロチンの発明は人道的なものだったのに大量に実行できるようになったというのも皮肉なもの。死刑執行人が世襲制である事を驚いたと共に人々からは差別され、国王を処刑した後は神に救いを求め、逃れられない運命であるにも関わらず、最期まで死刑廃止を望むというサンソンが非常に魅力的でした。
読了日:3月28日 著者:安達正勝
ベルサイユのばら その謎と真実 単行本ベルサイユのばら その謎と真実 単行本
読了日:3月2日 著者:

読書メーター
スポンサーサイト

冬のワンワン

 早いものでワンワンが我が家に来てから今日で254日目。来月の20日には1歳になる。あれだけ食欲がなくてどうしたら食べてくれるか眠れぬほど悩んでいたのに、去勢手術後の今では時間はかかれどもなんとか出したものを完食してくれるようになり、体重もかかりつけの先生がキープしてくださいねと言った体重を上回り現在5.4kg。お、重い。毎日5kgの米を抱っこしているのと同じでここ最近調子のよかった持病の腱鞘炎がぶり返している感じ。だけれども嬉しい重み。近所の同犬種と比べると丈が長いので、オトコの子だし5kgはいくと思いますよと最初にかかった動物病院の先生の読みがあたったというか、その位でも想定範囲と言われていたし、あのゲッソリしていた頃と比べればちょうどいいように思え、まあ気を使いながらもこのままキープできればいいなあ。はじめての雪でテンション高かったり、寒くてとにかくストーブが大好きで離れられなかった冬も終了。内弁慶で寒さに弱い、たれ耳パピヨンでもいいじゃないか。この子と出会えて、この子と過ごせて、楽しい冬だった。


2016年2月の読書メーター

 なんということか。大人になってからあまり漫画を読む機会がなくなってしまっていたのに、まさかのベルばらブームに自分自身が驚いている。全くこうなることなんて予想もしていなかったけれど、Bオフで文庫の1巻に出会い、今読み返したいと思ったのは偶然でなく必然と思えるほど。刺激的で色々と考えさせられた。30ウン年ぶりのベルばらは、これは10代の子が読むよりも大人が読むべき作品と思う。文庫の4巻5巻はマジ泣きの連続。アンドレとオスカルには号泣。(真夜中に帰宅したウチの主に玄関先でおかえりと迎える代わりに、「うっうっうぐっ…、オスカルがー、オスカルが死んじゃったー!」とボロボロ泣きながらベルばらの話をしたら「そ…そう…大変だったね…」と言ってとりあえず憐みの表情を浮かべながらその場から去られたよ)
フランス革命関連の新書も何冊か買ったので、これから読んでいこうというところ。こうして色んなブームが来ては積んで積んでどんどん本って増えてゆくものなんですねぇ。

2016年2月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2827ページ
ナイス数:37ナイス

ベルサイユのばら大事典 ベルばら連載開始30周年記念 (愛蔵版コミックス)ベルサイユのばら大事典 ベルばら連載開始30周年記念 (愛蔵版コミックス)
読了日:2月26日 著者:
ベルサイユのばら 愛蔵版(外伝) (Chuko★comics)ベルサイユのばら 愛蔵版(外伝) (Chuko★comics)
読了日:2月25日 著者:池田理代子
ベルサイユのばら (5) (集英社文庫)ベルサイユのばら (5) (集英社文庫)感想
30ウン年ぶりの再読。ここまで夢中になって読ませるとは…やはりベルばらは素晴らしい。当時難しくてスルーした場面も、まだ幼くてそこまで理解しきれなかったそれぞれの人の気持ちも今読んでヒリヒリするほど痛くて切なくて涙なしには読めなかった。薔薇のようなオスカルの気高く美しい最期は号泣。しかしその後のゴタゴタした世をこれ以上彼女に背負わせたくはなかったし、彼女は精一杯生きた。アントワネットの死期が近付くまでの壮絶さも見事。できればルイ17世のその後も見たかったがそれもまた悲し。悲劇ながらもなんて美しい作品なのか。
読了日:2月20日 著者:池田理代子
ベルサイユのばら (4) (集英社文庫)ベルサイユのばら (4) (集英社文庫)
読了日:2月19日 著者:池田理代子
ベルサイユのばら (3) (集英社文庫)ベルサイユのばら (3) (集英社文庫)
読了日:2月18日 著者:池田理代子
ベルサイユのばら (2) (集英社文庫)ベルサイユのばら (2) (集英社文庫)
読了日:2月18日 著者:池田理代子
ベルサイユのばら (1) (集英社文庫)ベルサイユのばら (1) (集英社文庫)
読了日:2月16日 著者:池田理代子
殺人者の顔 (創元推理文庫)殺人者の顔 (創元推理文庫)感想
再読。以前はサラっと読んだので父親の問題、別れた妻と娘との関係、そして孤独なヴァランダーの中年男の物悲しさの方に目がいっていたけれど、先日テレビで移民問題を扱っていた番組を見たばかりで今非常に関心を持っていただけに90年代初頭からのスウェーデンでの移民政策やそれに対する国民の感情も描かれていてまさにタイムリー。とても丁寧に書かれていて考えさせられた。特にオペラを聴くシーンにルースルンド&ヘルストレムのエーヴェルト・グレーンス警部の姿が重なったが、私生活の荒れっぷりはグレーンス警部の方が上。面白かった。
読了日:2月6日 著者:ヘニングマンケル

読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。