2015年05月

英国から。

 少し時間がかかったけど、英国からやっとキンドルのカバーが届いた。
 コレ。茶色希望だったけどキンドルサイズのものが売り切れだったので、ライトついても同じ値段だったので、必要なさそうと思いつつもセットものを注文した。うーん、やっぱりライトは使わないかな。安定性が無い。

 茶色がないなら無難に赤か黒か?と思ったが、なんかフツー過ぎて面白くないし、せっかく英国に注文ならそれっぽいモノが楽しいじゃない?と思って。もっと薄いピンクみたいな紫なのかなーという期待を裏切って、まあまあいいお色。値段からして商品そのものもそこまで期待していなかったけれども、意外や意外でしっかりした作りだし、恐らく公式のカバーだともう少し薄いのかもしれないけれど、機械本体を守ってくれると思えば満足。蓋を閉めればスリープ状態となるし、内側の布もいい感じだし、欲を言えば、もう少し色が選べればいいんじゃないかなーなんて。でも、もしこれが壊れてもまだ同じ商品が流通していたら、同じくこれを買っちゃうかも。ちなみにちなみに、商品価格1,200円の送料450円(イギリスからなのに!)、計1,650円。ヒャー。

 これでますます読書生活が盛り上がりそうだ。

Navitech London New Kindle / New Kindle Voyage用手帳型ケース&New Kindle用手帳ケース&読書ランプセット


スポンサーサイト

どーでもいい話なんですが。

 どーでもいい話なんですが、土曜日に朝から作ったシーフードカレーがびっくりするほど激ウマだったので、再びアレが食べたい。こんな時間なのに。もう2時間半ぐらいしたら帰ってくる人に作ったのは、麻婆豆腐他で中華の予定だったのが、美味しそうな肉厚のカラスカレイが売ってたので、急遽和モノに。タケノコの水煮が冷蔵庫にあるから鶏とか根菜と一緒に煮て、あとは長芋でもすろうかな。味噌汁は茄子とミョウガ。味噌は田舎味噌。これがウマイ。でもやっぱりセロリとニンニクとタマネギをみじん切りにして海老とベビーホタテとイカを入れて隠し味にヨーグルトとクリーム入れて、朝から煮込んだあのシーフードカレーが食べたい。また近々作ろうっと。

 ミョウガで思い出したけど、庭のある一角に去年どうにもならないほど量のミョウガがワサワサになって生えてきていて(母が遊びで植えたらしい)、ほとんど病院と自分の家の往復の生活でとても収穫までやる余裕がなく、最終的には寒くなったら枯れて全部抜いたつもりでいたので、春になったらその場所に別の花でも植えるかななんて思っていたのに、5月になってから全部抜いたはずのミョウガの芽がすくすくと顔を出してきてビックリ。植物って強いね。収穫できたら写真でも撮ろうかな。

 どーでもいい話なんですが、どうも最近Twitterで呟くことが面白いと感じなくなったというか、少し前から自分の中で呟く必要性がわからなくなってきているんだけれど。もともと協調性ってのが足りない人なので、最近特にそう思って。まあ無理して呟くこともないかと、最近は本の発売情報収集チェックで使ったり、Last.fmで今週聴いた音楽のまとめや読んだ本の記録なんかで自動ツイートという形で使っているワケだけれども。音楽も新しいのとか全然わからないし、そこまで熱くなれなくなっちゃったというか、自慢とかダジャレとか呟いてる人いるけど、ああいうのは全く好みじゃないので見ない設定にしてるし、とりあえずあたしゃ、積んでる本を読むことと、今まで買い続けたザッパコレクションを聴き続けることが余生の楽しみなんだと思って、今また初心に帰って、少しずつ読んだり聴いたりしてはワクワクしてる毎日で。そんなこんなしながら、またTwitter画面を開けば既に浦島太郎状態で全くついていけず、やっぱり向いてないんじゃないかなーとか。ま、いいや。気の向くままで。協調性なくてスミマセンて感じで。 (⇒追記)まあ、140文字の制限はとかく誤解など起こしやすかったりするし、枠がないブログは自由に書けるのでこっちの方が楽しくなっちゃったんだろうな。

 どーでもいい話なんですが、今日林先生の今でしょ、のスペシャル番組やってたので見てたら、ダニとカビの特集で、なんだか段々カラダが痒くなってきた。とりあえず明日から今まで以上に掃除を徹底して6月を迎えなければいかんね。そうだよ、次の月曜にはもう6月だもの。1年て早い早い。そして車検だ、コワイコワイ。

海へ行くつもりじゃなかった

 日曜日。海へ行くつもりじゃなかった。

 なのに久しぶりに水族館へ行くことに急遽決まって。

 これはそこの駐車場なんだけど、坂口安吾が日本海を見たあたりの風景。

 帰りにビーバー柄の水族館のネーム入りバッグがなかなかカワイイともカワイクナイともつかない微妙さで妙に気になったので購入。

 残念ながら、空と海が大好きなオレンジから濃紺になる瞬間、そこから離れて撮れなかったけれどまたいつかそれを撮れたらいいなあ。これからがいい季節。波もなく、とてもいい青と潮の香りでした。



 で、これがそのビバ男のトートバッグ。いつ行っても誰も手に取らず、見もしてないので買ってあげた。今日はこのダサかっこよくもカワイくもないバッグを持って買い物へ行くぜ。



BGM:Frank Zappa “You Are What You Is”

たとえドライアイが復活しても。

 おっと。また自分がブロガーである事をすっかり忘れてしまっていた。というか、正しくは例のキンドルが届いてから、とにかく読むのが楽しくて楽しくて、活字に夢中になっていたので、世の流れに関して今週はホント、ついていけてないイケナイ大人でして。紙の本を読み始める宣言を先月末にしたというのに、ついつい台所でご飯作ってる最中、魚焼いてる間とか、出来上がりまで少し待ってる間とか、とにかくほんの少しでも時間の隙間を見つければエプロンのポケットに忍ばせておいたキンドルを取り出し、すぐに読んじゃうそんな生活。活字読むの、楽しいなあ。夜の9時のニュースぐらい見ればいいんだけど、大越キャスターがいなくなってからは申し訳ないけど面白くなく別時間帯のニュースを見るようになったので、食器洗ったらあとはガッツリと活字読むのが仕事みたいな。そして気付いたら読みながら寝てしまったり。

 青空文庫ではまたまた好きな作家さんが増えちゃってそれにドップリ。凝り性云々の問題じゃなく、ホント面白いんだから仕方がない。ワテクシ、最近はどちらかというと北欧ミステリをはじめとする海外モノを好んで読んでいるんだけれど、国内モノだと大正~昭和初期のミステリが好きだという事が、この青空文庫を読むようになってからわかった。乱歩や横溝、夢野久作にばかり目が向けられがちだが、いやいや、追求を始めたらそのどれもこれもが面白くて。大阪圭吉、浜尾四郎、海野十三にここ最近夢中だったけれど、前回ここの記事をアップした直後に見つけた小酒井不木さんがとても好みで、毎日少しずつ読んでいるが、まだまだ終わりが見えないほど沢山作品があるので嬉しい。医学者でありながら翻訳をされていたり、推理小説を書いてみたりと、しかもそのどれもがイイ。彼の作品を読んでいると、小学生の時に、乱歩や少年探偵ブラウンとか、毎日毎日ワクワクしながら読んでいたあの感じが自分の中で蘇ってくる。すごく懐かしい感じ。で、青空文庫で多分ほとんどの作品が読めるのに、キンドルで作品集をダウンロードしてしまった。今の読書生活がとにかく楽しい。読んで読んで読みまくりますよ。

 あと、話題のルーシー・ブラックマンさんの事件について外国人記者の目から見た一冊、『黒い迷宮』は面白かった。

●chocotavich - これは物語ではなく現実の日本社会で起こった悲劇。当時報道されていた事が全てなのではなく、この外国人の著者の目を通じ、共に深く深く事件の奥へ入り込んでゆく事によって、不思議の国・日本というものを改めて感じる事となる。ルーシーは確かに被害者だが、それ以上に被害者家族の受けた心の痛みは計り知れない。全体を通して、誰もが持つ「孤独」の空気を感じる一冊だった。  http://bookmeter.com/cmt/47274381 


 音楽は最近、例のTV出演後、やっぱりいいよなーと大澤誉志幸の作品を楽しんでみたり、永遠に寄り添い続けたいザッパ先生を楽しんでみたり。あとは録りだめしているEテレの「らららクラシック」を繰り返し見たり。今回のストラヴィンスキー先生、カッコ良かったなー。ああ、そうだ。あとはTwitterの方に動画貼りまくったんだけど、【frank zappa israel festival jerusalem 1997】 の映像に感動した。こういったオーケストラものを楽しめるようになったのも全てザッパ先生のお陰。


BGM:Frank Zappa and The Mothers “Roxy & Elsewhere”

キンドルライフ

 キタよ!キタキタ!



 これで秋のホール&オーツ公演を諦めることが決定したわけだけれども、ちっ、大阪と愛知もあったのか。まあいずれにせよ無理な話だけれども。なにしろコンサートに関して、好きな方がなかなか新潟に来てくれない、もしくは既に天国へ逝かれたというパターンが多いので、昔からライブ欲が極端に薄いのだが、ああ、やっぱりもう少し小さい会場であったら、無理をしてでも行ったかもしれないなあ。自分の母親の1つ下という事が判明してから尚更そんな風に思ってしまったが、行かれる方、存分に楽しんできてください。ハッピー且つピースな時間を。

 で、キンドル。元来、古本オッケーの人なので、今回の冬の引越しで自分の読んでない本、積読っていうアレが思った以上に大量にあったというのに、これ以上どうすんのよ、と私をご存知の方はお思いでしょうが、まず青空文庫ね。青空文庫、私の巨大タブレットで読みながらウトウトで顔面強打事件が何度となくあったので、これをキンドルへ移行。そして、フツーの書籍も新刊のものとか見たら、キンドルで買うと少し安いんだね。これはいいかも。でも翻訳モノ、少ない気がするなあ。あと、一番の狙いは99円とかから200円ぐらいまでの金額で全集がキンドルだと買えちゃうっていうコレが最大の狙いです。ちくまの坂口安吾全集全18巻は意地で古本屋とマーケットプレイス活用して全部揃えたけど(未読!)、夢野久作全11巻は無理っぽい。安吾氏も割とそうであったけれど価格が下がって自分の納得いくとこまで待って買ったけど、夢野久作の場合は特に1冊1冊の中古価格の振り幅が大きすぎてとても揃えるのは厳しそう。なので、全集、これをキンドルで揃えちゃえたりするのならと思ったらやっぱりねー。ウヒヒヒヒヒヒヒヒヒ。

 で、早速数冊無料の青空文庫を入れて、あとは海野十三の探偵小説全集と、夢野久作(なんと小栗虫太郎も入ってる)全集を買ってみた。挿絵がないと99円だなんて凄すぎる。いいのか、この商売…。でも読む側としては、これでますます楽しみが増えたので嬉しいことです。

 キンドルが届いたけど、万が一ミスタッチがあっていらんものまでポチってしまう可能性もなくはないので、「キンドルPC」というものが最近始まったようなので、それを急遽設定して、買う場合はキンドルPCで発注かけて、クラウドに保存する。そうすればどっちでも好きな方で読めるというシステムらしいので(まあPCでは読まんだろうけれど)、今後もそれでいこうかなあと思っているところ。

 積読もある。キンドルもある。だけど週に一度は買いはしなくとも本屋へ行っちゃう。困ったものだよ。

キン〇〇をポチッ。

 そもそものきっかけはコレ。





 てな具合。祝日の月曜ならともかく(いや、ウチは祝日だろうと盆も正月も関係ないのだが)フツーの月曜にぶぶぶ武道館なんて、チケだけで11000円…いや、交通費含めると、ちょっとキビシイなー。まさか旦那さんに仕事の途中、埼玉あたりで拾ってくれーというワケにもいくまい…。まあ新潟のライヴ関係だけでもあたしゃ20代後半から別に行かなくても問題ないという生活をしてきたので、諦めるのなんて慣れてるやい!(石蹴)

 冷静に考えたら、ここ最近、彼らの素晴らしいライヴをリアルタイムでネットを通じて最前列でかぶりつき(つまりPC)で見ていたから、武道館で米粒の如きオーツたんを見るなんて、それならあたしゃネットで見るのの方がいいわい!ってカンジで。だってオーツたんのダンディーなお顔を流れる汗まで見ちゃってるもんだから、彼らにとって申し訳ないとは思うんだけれど、いつの頃からか無理にライヴ会場でどうしても味わいたい!という欲がいつの頃からか薄れちゃってる人なもんだから。それもどうかなと思うんだけれども、決して強がりではなく、ライヴ派でなく音源派なのはこのブログを始めた10年前からなんら変わらず。でも吉田美奈子さまと大澤誉志幸くんが新潟に来た時は考えさせてくれ。マジで見たい。

 で、旦那さんに「オーツが来るんだって!」と言ったら「お!行けばいいじゃん」という流れになったけど、誰が弁当作ってやるんじゃい、洗濯してやるんじゃい、色々準備してやるんじゃい。それに米粒のようなオーツたん(←あくまでもダリルでなくジョン目線)を見たってあたしゃねええ…と言ったら、昨日の夜、じゃあ行けない代わりに何か買っていいよ、と。
ヒャッハー!◝(╹▿╹)◜

 ワテクシ、キンドルの一番安いやつで十分です。ついでにカバーも欲しいと言ったら交渉成立。早速キンドルをポチッとしましたよ。
( ゚∀゚)o彡キン〇〇!キン〇〇!
 カバーはちょっとランク下げてもいいやと節約して、純正なものでなくエゲレスから送られてくるんだけど、楽しみ。読書生活、変わるかなあ。楽しみであるよ。

BGM:Hall & Oates “Private Eyes”

 日曜日、母の納骨でした。晴れて過ごしやすいというよりもむしろ肌寒く、寒冷地仕様の私としてはここ最近の汗ばむような日でなくてよかったなあなんて思いながら。不思議なことがあるもので、昔からあまりそういった事は信じない方だったけど、前日土曜の夜、深夜帰宅の旦那さんを待ちながら本を読んでいるうちに、ついウトウトして一瞬眠りに入ったら、数ヶ月ぶりに母が夢に出てきまして。その直後のツイート。流れてゆく前に、忘れたくないのでここに記録する。



 亡くなった直後、何度か伝えたい事があって夢に出てきたその時はしっかり目を開けて、嬉しい表情、悲しい表情、そして今の感情、はっきりとそれがわかったのだけれど、今回は風がなく、波が立たないそんな穏やかな日の日本海のような静けさ。そうだ。凪だ。何故か今私が引き継いで住んでいる(実家)洗面所の前で鏡の前で立って、病院で着る為にと私が選んで買ってあげた、本人も気にいってくれた薄いオレンジとピンクの中間のような優しい色で肌触りのいいかわいいパジャマを着て、歯を磨きながら私と話している間はずっと目を閉じてそして2~3分。つい目が覚めてしまったので続きを見ようと再び目を閉じたけれど、もう会えなかった。

 納骨が終わった後、住職さんにその話をしたら、「きっとそれはようやく魂が落ち着いた場所に行かれたのでしょうね、安心されてお姉さんにまかせて行かれて、感謝の気持ちを伝えたかったのでしょうね」と。ようやく、ようやく次の居場所へ行けたのだなと。それでも、こっちの家に住み始めてから母の存在を感じる事がある。いつもそばにいてくれているような気がする。だからもう寂しいことはない。悲しいことはない。次にまた会えるその時まで、共に歩いてゆく。

 mom, dad and me

BGM:大澤誉志幸 “CONFUSION”

消えそうに燃えそうな。

 できましたよ。ワテクシの新しい目。今まで近視だけの世界で、もしかして合わないのかなあーそれとも疲れ目なのかなーと、遠くの文字がボヤけて見えるのが嫌でテレビを見るのを避けてきたけれど、これで…いや、それでもあんまり見るのが好きではなくなったのでテレビ時間は今までとそんなに変わらないかな。ブルーライトカットレンズのワインレッドな眼鏡で、今まで黒縁が多かったのですごく新鮮ですし、ブルーライトカットで目に優しいというのでこれは嬉しい。でも乱視眼鏡世界の初体験で足下がふにゃっとなったけど、これもまた徐々に慣れるんだろうな。しかし思った以上にワインレッド、好評でした。

(写真ポチッでインスタページに飛びます)

脳内BGM: 安全地帯 - ワインレッドの心

日々のアレコレ【奮闘編】

 GW最終日って言うけど、我が家にはそんなもんありゃしなかった。通常通りの生活。急に眼鏡を買う事になったものだから、どこに行きたいとか、何が欲しいとかなく、贅沢なんてそんなそんな。しいていえば憧れはキンドル…。青空文庫は今、スマホからガラケーに戻し(指の油分がないから動かずストレスたまってやめた)、同時にタブレットを使っているので(それだって動かないことあるんだよ)、それで読んでいるんだけど、重たいんだコレが。もう少し小さいのが欲しかったのに在庫がなく、私も急いでいたのでそれでいいですなんて買ったタブレットがデカい。アレで花見の時バッグから出して写真撮ったけど、見てた人、え?という顔してたから、やっぱりもう1サイズちっちゃいのでもよかったんじゃないかなあと思う。それで全ての仕事が終わって1日の終わりに青空文庫を読んだりしちゃおうかな、ごろーんなんて読み始めたのも束の間。襲ってくる睡魔にマイって案の定寝ますわな、そうすると手がダラーンと力抜けちゃいますわな、タブレット行き場がなくなり落下しますわな、で毎度、顔面にタブレットが当たって起きる、そしてまた睡魔襲う、ダラーン、落下、当たる起きる、睡魔襲う…エンドレスゲーム。画面デカいから読みやすいんだけど、若干重いし、かさばるし、やっぱりキンドルは憧れるなあ。それで読んでる間はネット世界から遮断してられるもんねえ。タブレットはそうはいかないし。一番安いのでいいから、ちょっと眼鏡ショックから落ち着いたら考えようかなあ。完璧に寝てる時に顔面当たると誰を責めていいのかわからないもの。ま、自分なんだけど。

 5月に入って、庭木が青々と元気に育ち…なんてもんじゃなく、シダとか山野草の類が2週間前よりもワッサワサとなり、あんたいつそこにいたの?ってぐらいに葉っぱがデカくなったり背が伸びたり、とにかく自己主張を強めてきて、そのスピードに園芸初心者マークの私は一体どうしたらいいのかワタワタしてる。名前はとりあえず一緒に園芸屋に通ってたから、なんとなくわかるけど(勿論わからないものも多い)、育て方とか、肥料はいつやるの、日向はお好きなの?剪定は?ああ…もうネット先生と本と母の書き残しのわずかのメモを頼るしかなく、到底全種類一気になんてできやしない。根詰まりしてるっぽいから植え替えしなきゃなんだろうなーと思ったら雨が降るわ、時間によって陽射しがあまりにも強くなってきたので、昨年主が留守で葉っぱが焼けて可哀想なものが多かったのでそうはさせまいと日蔭のあるところに太陽の位置が変わるなりに移動させたり、なんだかホントに園芸部になった感じがする。見るのは嫌いじゃないんだけど、まさか育てよ、絶やすなよ、なんて親戚の人達に言われたらプレッシャーでしょ。はあ。とりあえず、明日はふた鉢、植え替えをやってみようかと思う。なんだろあれ。名前がわからない木だよ。。。なんとかなるでしょう。ううう。

 今日は事件があった。朝から暑かったので、部屋の窓を少しだけ開けて、網戸で外の風を楽しんでいたら、レースのカーテンからぶんぶん…という変な音がする…。それはもしかしてもしかすると…蜂さんでございました。多分アシナガバチの仲間だ。恐ろしくてじっくり見ていられなかったけど。うぉー。運よくそのカーテンの上にブラインドがしてある窓だったので角度を変えて室内に入れないようにして、軽く窓開けてジェット噴射!さらば。無事逃げていってくれた…んだと思う。いないよね…今どこかの影に…ほら、アナタの後ろに(ホラー)

 アホ言ってないで続行。とにかく5月というと、昨年は主のいない母の家の庭の水やりを仰せつかってとにかく巻きまくっていたけれど、昨年やはり蜂に悩みましてね。隣の家が空き家なんだけど、どうやらそこの屋根裏部屋に蜂の巣があるらしく、この近辺、色々な蜂がいらっしゃる。その中の1ファミリーが、ガスメーターの裏のボルトのところに上手に巣を作り始めたのに水巻きしていた私が気付き、それでもサイズは直径4~5cm。これを夜の7時半過ぎぐらい、まだ若干明るさが残っている中に蜂も攻撃性が弱くなりかけた頃を見計らって、例のジェット噴射のアレと袋と棒と割りばしでサササと処理しまして。2~3日は近辺を確かここに巣があったんだけどなあと探しに来てたけど、無事終了。で、今年は同じくそこにまた作られると嫌なので3月ぐらいからスーパーの袋をボルトのあるところ、全部グルグル巻きにしてつくられないようにしておいたんだが、今年はどうだろうか。蜂も怖いけど、あたしゃ蛾が一番ダメだ。夏は嫌いじゃないけど、これがどうもね。

 で何だっけ。キンドル、欲しいなああ。

乱視ショック

 ずっと視力は2.0をキープしていた。若い頃からそれだけしか誇れるところがなかったけど、さすがにパソコンを使う仕事したり、携帯でメールなんかするようになったり、日常はPCありきの生活となってからは更にドップリ。もしかして視力が落ちてきているのかなあと思ったのはテレビの画面の隅っこに出てる文字。これがボヤボヤに見えるようになって何かおかしいぞ、と。最初はその文字が二重三重に見えるのは単なる疲れ目だと思っていたんだけど何か変。会社の健康診断で左右の差が激しいよと診断されて決定打で、それで初めてメガネ屋さんで検査してもらった時は「そこまで酷くはないので車に乗る時ぐらいしかかけないでいいですよー」なんて言われていたのにさ。まあ、あれから7年も経てばさすがに進行するか。

 昨日旦那さんがいいフレームが手に入ったからレンズを入れなくちゃ!というので市内にあるメガネ屋さんに行ったら、「待ち時間お暇でしょうからついでに測定します?」なんて言われ、(へへへ、その手にはノりませんよー♪)なんて思いつつ、時間つぶしと思って検査してもらったら、おいおい、全然見えやしねーじゃねーのさ(泣) 「いやいや、これはどーいう事なんでしょう?」と聞いたら、「どうやら乱視入っちゃってますねえ、眼鏡かけててもぼや~っとしてるでしょう?」と。「はい、確かに」「テレビ見てて疲れません?」と尋ねられ、「疲れ目なのかテレビの文字がボヤボヤでよく見えないんですよねえ、フツーに本とかは読めるんだけどそれが嫌でテレビ見なくなってきてますー」と答えたら、更に本気の検査続行で、乱視確定。な・ぬー!

 乱視ってなんだよ乱視って!もともと右目の方が悪いのに、どうやら私の効き目が右らしく、近いものを見る時は右目が頑張っちゃって、遠いものを見る時は右目が悪いものだから左目が頑張っちゃって、年中両目で頑張り過ぎて、休まる時がないようですねと。そのうえ乱視なのに、以前作っていた眼鏡屋さんからはそんな指摘もなく、ずーっと運転する以外はほとんど裸眼でいたものだから余計に本人自体が疲れ目としか認識してなかったと。あああーー。老眼と言われた方がまだショックの度合いが低かったかもしれん。まさかの近視性乱視って何だよう。そのうえ、持ってる眼鏡がどれ一つ合ってないなんて撃沈…そりゃ頭痛とか肩凝りが酷いわけだ。

 なので、急遽自分の目にピッタリの眼鏡を作る事になって、今は完成待ちで合わない眼鏡な生活。今まで裸眼で平気だったのに、乱視と診断されて以来、何見てもブレブレのボヤボヤに見えるような気がしてならない。わーん!とうとう通常も眼鏡ライフか。イタイ。乱視ショックだけでなく、財布の中身もイタイ!ゴールデンウィークがない我が家はこの時期出費も相当控え目だから今月はずっと欲しかった物とか買っちゃおうかなー♡なんてワクワクしてたのに、この乱視のおかげで今月は欲しいものも我慢じゃ…。もう1本作りたいけど、とりあえず保留しとこ(泣)。

 でも、いつも黒縁が基本のところ、今回は初のワインカラーのフレームにしたので、出来上がりが楽しみ。もう1本作るとしたら、3年前に使わなくなった「ザ・黒縁」にレンズ入れてもらおうかなあ。

BGM:CARNATION “MELLOW MY MIND”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。